8月20日:サイトをリニューアルしました。
犬の口臭の原因について

実は、3歳以上の犬や猫の80%は口が臭いと言われています。

その理由のほとんどは、歯周病などの口腔疾患によるものです。

犬の口臭を理解するポイント

犬と遊んでいるときにふと口臭が気になったことはありませんか?
何も手入れしていなければ、犬の口の中は虫歯だらけで臭いことが多いです。

犬の口臭について理解するためのポイントは次の通りです。

  • ずばり口臭を消す方法
  • 犬の口腔疾患に関する引用データ
  • 口臭の原因
  • 病気以外が原因の口臭
  • 病気が原因の口臭

ずばり犬の口臭を消す方法は?

犬の口臭改善に効果的なのは口腔ケアです。

犬の80%が歯周病など歯に関連する疾患があり、それが原因で口臭が発生している可能性があることを考えると、歯だけでなく口腔全体のケアをすることが最も効果的な対策と言えます。

口腔ケアの方法としては、歯磨きまたは歯磨きサプリがありますますが、蓄積された口腔内の残存物は時間が経つと歯石となり、虫歯や歯肉炎、歯槽膿漏の原因となるので早めの対策が必要です。

口腔ケアが大切なのは犬も人間も同じですが、意外にも口腔内の衛生状態が原因で引き起こされる疾患はたくさんあります。

特に、人間と違って犬の歯石取りはなかなか大変なので、そうなる前に歯のケアをしっかりとしておきたいところです。

犬の口腔疾患に関する引用データ

犬の口腔疾患のうち約80%が歯周病や歯肉炎や、歯の根元に膿が溜まる歯根膿瘍で、どちらも口臭の原因です。

また、3歳以上の犬の80%以上は何らかの口腔疾患を持っているとされています。

以下は、犬の口腔疾患に関するデータです。

アニコム家庭どうぶつ白書2018によると、3歳を過ぎた犬は口腔疾患による受診が増え始め、6歳になると3歳時に比べ倍増。

更に、9歳になると、3歳に比べ3倍になります。

こうしたことから、『犬は年齢を重ねるごとに口腔疾患が多くなりやすい』ということがわかります。

口臭の原因について

犬の口臭がきつくなると、何らかの病気が潜んでいる可能性もあるので放置せずにまずは確認が必要です。

口臭は、病気によるものとそうでないものに大きく分類できます。

口臭の原因になるものは主に次の2つです。

  • 病気以外が原因の口臭
  • 病気が疑われる口臭

口腔衛生状態が最も大きく影響しますが、胃や腸など内臓疾患も口臭の原因になります。

臭いの違いがわかれば、ある程度原因を予想することができます。

臭いと病気の関連性を少しでも知っていれば病院に連れて行くなど、早めの対処ができるかもしれません。

病気以外が原因の口臭

犬の口臭の原因は、病気によるものと、病気でないものに分類できますが、病気以外の臭いの原因となるものは次の通りです。

  1. 食べ物が原因の臭い
  2. ストレスが原因の臭い
  3. 食糞が原因の臭い

ドッグフードには栄養素以外にも食いつきを良くするためのフレーバーが入っていることもあるので臭いが強いものが多くなっています。

口の中に残ったものと繁殖した雑菌が原因で臭いが強くなってしまうことがよくあります。

ストレスを感じる環境にあると、口臭が強くなってしまうことがあります。

これは緊張状態にあると唾液の分泌量が減り、口腔内が渇くことが原因で起こることなので人間も犬も同じですね。

食糞は、ストレスや躾不足が原因で起こってしまいますが、散らかっているものや口に残っている物を見るとだいたいの場合は食べてしまったことがわかるので原因を把握しやすいものです。

病気が原因の口臭

逆に病気が原因の口臭は、臭いの種類である程度判別できる場合があります。

疾患があるところが臭いの発生源となっていることが多いので、気になる臭いがある場合は他にも変わった様子がないか確認しておくことで病院に行った時の対応がしやすくなります。

臭いの種類と、考えられる原因は次の通りです。

  1. アンモニア臭→腎臓・肝臓が原因の可能性
  2. 酸っぱいニオイ→胃が原因の可能性
  3. 甘酸っぱいニオイ→糖尿が原因の可能性
  4. 便のニオイ→便秘または腸が原因の可能性
  5. 腐敗臭または魚臭→歯周病や腸の疾患が原因の可能性

アンモニア臭

肝臓や腎臓の機能が弱まってくると、本来臓器によって体外に排出されているものの処理が遅れ、老廃物が体内に滞ってしまいます。そうなると体内に溜まってしまった老廃物の臭いでアンモニア臭がするようになります。

酸っぱい臭い

胃炎などが原因で胃酸が多く分泌され、逆流や嘔吐したときの臭いの可能性があります。

便の臭い

口腔内の問題や便秘が原因であること以外にも命にかかわる腸の疾患によるものである可能性があります。更に嘔吐物が便のような嘔吐などがあった場合は重症の可能性もありますので早急に受診が必要です。

腐敗臭や魚が腐ったような臭い

歯周病以外にも、悪性腫瘍などが隠れていることもあるので口臭以外にも体調や食欲等を合わせて確認する必要があります。

口臭対策グッズのおすすめ

犬の口臭対策には噛むおもちゃ(ガムや骨など)、歯磨き、サプリが有効です。

ただし、疾患などの原因が出来てしまってからでは遅いので、まずは歯石が蓄積しないように気を付ける必要があります。

最近では、噛むおもちゃやガム以外にも、歯磨きやサプリもあります。

動物病院で犬の歯石を除去しようとすると、犬によっては麻酔が必要になることもあり、犬に大きな負担となります。

いま、口臭対策でおすすのめサプリをそれぞれ紹介します。

ラブリービー

販売会社:ウィステリア製薬株式会社
商品名:ラブリービー


ラブリービーについて

ブリス菌という虫歯になりにくい人が共通して多く持っている善玉菌が犬にも効果的だということがわかっています。

ラブリービーは、犬の口の中にブリス菌が長く留まるので、犬の口と歯の健康を保ってくれます。

また、ラブリービーは60日返金保証なので、安心して試すことができます。

ラブリービーおすすめのポイント

  1. 定期初回価格3,980円→1,880円+送料の2,100円引き
  2. 歯の生え始めから使用可能
  3. いつものご飯にかけるだけでOK
  4. 60日間全額返金保証付き
  5. ブリス菌で虫歯・口臭予防