8月20日:サイトをリニューアルしました。
CATEGORY

犬と暮らす

  • 2019-06-24
  • 2019-08-26

気になる犬の食べ物について

人と生活していると、食べ物がたくさんあるので犬も全てに興味を示します。 『犬が食べたら死んでしまうものがある』ということを飼い主は一度は聞いたことがあるはず。 犬の食べ物について 犬の食べ物について理解が必要なことは、次の2つではないでしょうか。 実際にそのときになると与えて良いものかどうかがわからず、知らず知らずのうちに食べさせてしまい、愛犬を死なせてしまう事故が時々起こります。自分たちと同じように、なんでも食べさせたい飼い主の気持ちと食べ物に対する理解が試される場面です。 犬が食べて死ぬもの 犬が好きな食べ物 犬がアレを食べてしまった 消化と寿命のいい関係 犬が食べてはいけない植物 犬が即死する食べ物 人間にとって無害なものでも犬には危険なものが多く、飼い主が何気なく置いていたものを犬が誤って食べてしまうこともあり得ます。 危険な食べ物は体の大きさによって致死量は異なりますが、食べさせないように気を付けましょう。 ネギ類 カカオ(チョコレートなど) ぶどう/レーズン アボカド キシリトール アルコール ネギ類(たまねぎ・ネギ・にら・にんにく) 誰でも知っているぐらい有名なものです。 […]

  • 2019-06-17
  • 2019-08-20

気になる犬の病気について

犬の病気は人間と同じようなものが多いですが、体調管理が飼い主次第であるということや、自覚症状を訴えることができないことが原因で発見遅れがちです。 その結果、人間では簡単に治る病気でも、犬の場合は治せないことも多々あります。 犬の病気を理解するポイント わたし達も高齢になるにつれ病気になる可能性は高くなりますが、犬の場合は人間と違って病気の専門病院がほとんどありませんので、治らないまま亡くなっていくことが多いようです。 犬の病気について理解するポイントは次の通りです。 犬の平均寿命 人間の病気との違い 犬の傷病について 犬の平均寿命 犬の平均寿命は10〜12年程度と言われています。 中には長寿ペットも居ることから、『ペット20年』などとも言われたりしています。 今は専門的な高度治療ができないため、命に関わりやすい内臓疾患系の病気になってしまうと亡くなる可能性が高くなってしまいます。 将来的に、専門的に病気の治療ができる病院が増えていけば、もう少し寿命も伸びるかもしれません。 人間の病気との違い 犬も人も病気はほとんど同じです。ただし、人間のように細かい健康診断を受けることが少ないので、病 […]

  • 2019-06-12
  • 2019-08-20

気になる犬のお葬式について

犬を飼い始めるのは結婚して一人目の子供が小学3年生ぐらいになる頃が多いのではないでしょうか。 その子が高校を卒業し、してしばらくする頃に体調を崩しやすくなり寿命を迎えることになります。 子供と共に成長し、実家から子供を送り出すようなイメージになることが多いようですが、その時に直面するのが、犬の葬儀です。 犬のお葬式を理解するポイント 犬の葬儀を行うには、人間の葬儀会社ではなくペット葬儀の業者を探すことをおすすめします。 犬のお葬式を理解するためのポイントは次の通りです。 人間の葬儀とペット葬儀の違い ペットが死んだ時の選択肢 埋葬する場合の懸案事項 人間の葬儀とペット葬儀の違い ペットの葬儀をする場合、ペット葬がおすすめですが、人間の葬儀と内容が異なります。 余程の有名ペットでない限り、たくさんの人を呼ぶような大規模なお葬式をすることは無いので選択肢は次のうちどれかです。 ペットが死んだ時の選択肢 初めてペットの死に遭遇した場合、家族でお別れを済ませたあとやることは次のうちどれかです。 ペット葬儀を依頼する そのまま埋葬する 一般廃棄物として処理する 人間の場合は『お葬式をする』一択な […]

  • 2019-06-11
  • 2019-08-20

気になる犬の医療費について

犬の医療にかかる費用は、医療制度が整った人間とは異なる部分が多々あります。 犬を飼うために、動物病院のことや、動物医療の制度に関して少しは知っておくことが必要です。 犬の医療費を理解するポイント 犬の医療費についての理解のポイントは次の通りです。 これらを全く知らなければ、思いがけない出費となり、とても困ることになる可能性がありますので注意が必要です。 健康保険制度有無の違い ペットの医療制度 犬の医療は病院次第 健康保険制度有無の違い 動物病院の医療制度には、人間のような健康保険制度がありません。 転職などの事情で、たまたま健康保険が使えない時に病院に行った時に診察料を見て驚いた経験はありませんか? わたし達の場合は、健康保険に加入していれば病院で診療を受けると3割負担や1割負担といったように支払う金額は一部負担となっています。 診察はそれぞれに点数が決められているため、どこの病院に行っても同じ診察をすれば料金は同じですが、どの病院でも受診しやすい環境が整えられています。 ペットの医療制度 ペットには健康保険がありません。 医療費は全額自己負担となります。 また、動物病院は自由診療な […]

  • 2019-06-10
  • 2019-08-20

気になる犬のお金について

犬のお金で気になること 犬と暮らし始めると、思いがけない場面でお金が必要になることがあります。 急な出費が必要になる可能性が高いのは次の4つの場面ではないでしょうか。 -よくある急な出費の悩み- 医療費のこと お葬式のこと 事故・トラブルのこと 住宅環境のこと 大きく分類するとこの4種類になります。 犬の医療費について 犬が病気やケガで病院に行くことが必要になった時にかかる医療費。 思いがけない出費で最も可能性が高いものではないでしょうか。 動物病院は人間と違い、全額自己負担になるだけでなく、自由診療なので医療費もバラバラです。 これは、動物病院が独占禁止法によって獣医師団体や獣医師同士の協定に縛られることが無いように規定され、競争ができる体制にすることを求められていて、その中に料金も含まれているためです。 飼い主は、数少ない動物病院の中から治療技術・サービス・料金の三拍子が揃った病院を見つけなければなりません。 ですが、動物病院が少ない地域では競争が緩いため、医療費が高くつく可能性もあります。 信頼できて、料金も納得できる動物病院を知り合いや地域の方に聞くなどして情報収集しておくこと […]

  • 2019-06-10
  • 2019-08-20

気になる犬の健康について

犬の健康で気になること 犬は自分で健康管理ができませんので、愛犬と暮らすということは、飼い主が愛犬の命に責任を持たなければならないということです。 犬の健康について必要なポイントは次の2つではないでしょうか。 犬の病気について 犬の食べ物について 犬の病気について 犬の病気は人間以上に厄介なものです。 まず、犬は症状を訴えることができないので、発見が遅れがちです。 飼い主が普段との様子の違いに気付くことができなければ命の危険につながってしまいます。 例え、発見できたとしても犬の病気に対する専門医がほとんどいないという問題があります。 動物病院は人間の病院と違って専門診療ではありません。 色んな動物の診療ができますが、『犬の癌』といったように特定の動物の特定の疾患に対しての専門診療などはありません。 人間の病院と違って、専門医が居ない分、専門的で最善の治療を受けることが出来ない可能性が高いということは知っておいたほうが良いかもしれません。 犬の食べ物について 愛犬に与える食べ物は飼い主の考え方が最も現れる部分ではないでしょうか。 犬に与える食べ物の選択肢 犬の健康管理の基本は食事です。 […]

  • 2019-05-29
  • 2019-08-20

気になる犬のトラブルについて

飼い主の言うことなんて聞かずに、あっちで暴れ、こっちで暴れ…こんなことは、飼い始めた頃はよくある話。 元気な犬ほど手がかかることが多いです。 万が一、手術が必要な怪我をしてしまった場合、高額な治療費が必要になります。 犬の手術治療を理解するポイント ペットの通院、治療は保険が無いので全額自己負担です。 手術が必要な治療になると治療費は高額になってしまいます。 犬の手術治療を理解するためのポイントは次の通りです。 治療費の目安 身近に潜むリスク 犬の治療費が払えない場合 払えない時に起こること 治療費の目安 ペットが怪我や病気をした時は動物病院で治療することになります。 動物病院は、自由診療なので料金は病院によって違いますが、目安としての治療費は次の通りです。 初診料:1,500円〜2,000円 レントゲン撮影:5,000円〜6,000円(1枚) 入院費用:10,000円〜13,000円(1日) 手術費用:300,000円〜400,000円(状態による) 1週間入院して手術をしたらなんと、合計で50万円ぐらいかかってしまいます。 身近に潜むリスク 犬を飼いだすと、家の中にも外 […]