8月20日:サイトをリニューアルしました。
CATEGORY

愛犬と一緒

  • 2019-07-24
  • 2019-08-27

犬の歯周病を放置すると死ぬってホント?本当に怖い歯の話

犬にとって歯は人間以上に大切なものです。 もし、犬の虫歯を放置して歯周病になってしまったら… 更にその歯周病を放置してしまったら… 歯が抜けるだけでは済まない大変な問題が多々起こります。 歯の重要性を理解するポイント 動物にとって歯は最も大切なものですが、虫歯や歯周病になっても自分で病院に行くことができません。 犬も同様で、虫歯になったときに自分で病院に行ったり、飼い主に言葉で伝えることができません。 したがって、飼い主が犬の様子を観察し、『口の中をしきりに気にしている』や、『元気がない』などの異変に早く気付く必要があります。 犬の歯の重要性を理解しておくことで犬の訴えに気が付きやすくなります。 虫歯が原因で起こる疾患 歯周病と疾患の関連性 犬の口臭を抑える日々のケア 虫歯が原因で起こる疾患について 愛犬の歯を守るためには虫歯にならないように予防することが最も重要です。 虫歯は口臭以外にも、様々なトラブルを引き起こします。 例えば、歯周病の放置で炎症が歯茎奥まで浸透してしまい、顎や鼻腔にまで貫通してしまう症状(外歯瘻、口鼻瘻管など)にまで悪化し、壊死してしまうこ […]

  • 2019-06-05
  • 2019-08-20

犬が死んだときの葬式手配と思い出アルバムの作り方

犬を飼っていると、自宅で最期を迎えることがあります。 では、犬が自宅で亡くなった場合、飼い主はどのように対処すればよいのでしょうか。 愛犬が死んだ時にすること 愛犬が亡くなった時にすること理解が必要なことは次の通りです。 安置する方法と手順 清める方法と手順 送り出す方法と手順 葬式の準備について 死後に市役所で行う手続き 安置する方法と手順 亡くなってすぐにしなければいけないことは、安置です。 ペットが亡くなったら勿論悲しいのですが、動物は遺体の傷みが早いので注意が必要です。 今まで一緒に過ごした家族なので、最期はきれいな姿で送り出してあげたいので、できるだけ早くに死後の処置してあげることがポイントになります。 安置のおおまかな手順 目や口をそっと閉じてあげる 硬直する前に、寝ている状態に手足を内側に寄せる 清拭し、毛並みを整える 保冷剤をタオルなどに包み体に当てて腐敗を抑える 以上のように、死後の処置としては硬直前に体の姿勢を整え、清潔にした状態で安置して腐敗を抑えるようにすることが必要です。 特に、梅雨時期や夏場は腐敗が進みやすくなるので、部屋の温度を下げるなどの工夫も必要かもし […]

  • 2019-05-15
  • 2019-08-27

犬も認知症に?治療はできるの?人と同じ認知症の症状

犬も人と同じように認知症になります。 人間のように話すことができないので症状がわからないというところに課題があります。 飼い主が「おかしいな」と判断するまで病院に連れて行ってもらうことができないのです。 認知症理解のポイント まず最初に、認知症を理解するためのポイントを挙げておきます。 認知症は、その人(犬)の生活歴や環境、性格など、個性がすべて反映されるものですので、細かく分ければ全ての人(犬)が全く同じ症状になることはありません。 認知症の症状は、その人(犬)本来の個性の現れです。 飼い主が想定していることと違うことをしてもむやみに怒ったり躾け直しをするのではなく、『何をしようとしてその行動になったか』を考えてあげることが大切です。 認知症の症状 人間の認知症の気付き方 犬の認知症の気付き方 認知症の症状 認知症は、脳の神経細胞が壊れることによって脳の機能が衰え、理解力や判断力といった認知機能が衰えていく病気です。 人間で言えば、『家族の名前を忘れたり、食べたばかりなのに食べたことを覚えていなくてまた食事しようとしたり、言葉を忘れたり』といった症状が出ます。 人間は話せるし、生活習 […]

  • 2019-05-13
  • 2019-08-20

離婚の財産分与でペットはどうなる?

離婚したら飼っている犬はどのように扱われるかご存知ですか? 離婚する夫婦が増えるとともに、愛犬の引き取りについても争いになることが増えています。 離婚のペット引き取り問題を理解するポイント 離婚の時に円満に交渉できるのであれば問題無いかもしれません。 ですが、全てが円満に解決できる離婚なんて存在するでしょうか。 大切にしているものほど人に譲りたくないのが人間の心理。 離婚時のペット引き取り問題のポイントを抑えておきましょう。 財産分与の対象 財産分与の問題を予防する 子供の親権との違い 争点のポイント 財産分与の対象 ペットの引き取りについて争われる場合、財産分与で争われることになります。 ペットは法律上の扱いが『物』となっていることがポイントです。 結婚前から既に飼っていたら個人の物として、財産分与の対象にはなりませんが、結婚後にできた財産は財産分与の対象となるので、婚姻期間中に飼いだしたペットは財産分与の対象となってしまいます。 財産分与の問題を予防する 離婚でもめると子供の親権や財産分与の争いでかなりの労力が必要になります。 更に、裁判や調停で疲れたところにペットの引き取り問題で […]

  • 2019-04-01
  • 2019-08-27

老犬が認知症末期でも一緒に暮らす知識

老いた愛犬の認知症が末期に近付いてきた。 認知症末期になるとどんな負担があるの? 最期まで家で一緒に過ごしたい。 そんな場合に必要な知識を紹介します。 犬の認知症を理解するための知識 認知症の犬と一緒に暮らしていくためには、認知症のことを理解することが大切です。 次の点が認知症に対する知識のポイントです。 犬の認知症の進み方 犬の認知症の原因と対策 認知症になる年齢とリスク 犬の認知症の進み方 残念ながら、認知症は治る病気ではありません。 一度壊れてしまった脳細胞は戻らないので、認知機能が回復できません。 これは人も犬も同じです。 そして、認知症は進行性の病気なので、段階的に症状が重くなります。 段階的症状進行の流れ 軽い物忘れ程度が見られる。 徐々に生活に支障が出てくる。 食べることができなくなる。 動くことができなくなってくる。 寝たきりになってしまう。 これは人間の認知症の進行例ですが、実は犬も同じです。 症状悪化が急速に進むようなことはありませんが、『気付いたら●●ができなくなっていた』というように進行してしまっています。 犬の場合、飼い主が認知症ということを理解できず、失敗が […]