8月20日:サイトをリニューアルしました。
気になる犬の食べ物について

人と生活していると、食べ物がたくさんあるので犬も全てに興味を示します。
犬が食べたら死んでしまうものがある』ということを飼い主は一度は聞いたことがあるはず。

犬の食べ物について

犬の食べ物について
犬の食べ物は飼い主が理解を深める必要があります。

犬の食べ物について理解が必要なことは、次の2つではないでしょうか。

実際にそのときになると与えて良いものかどうかがわからず、知らず知らずのうちに食べさせてしまい、愛犬を死なせてしまう事故が時々起こります。自分たちと同じように、なんでも食べさせたい飼い主の気持ちと食べ物に対する理解が試される場面です。

  • 犬が食べて死ぬもの
  • 犬が好きな食べ物
  • 犬がアレを食べてしまった
  • 消化と寿命のいい関係
  • 犬が食べてはいけない植物

犬が即死する食べ物

犬が即死する食べ物
人には無害でも、犬が食べると死んでしまうものがあります。

人間にとって無害なものでも犬には危険なものが多く、飼い主が何気なく置いていたものを犬が誤って食べてしまうこともあり得ます。

危険な食べ物は体の大きさによって致死量は異なりますが、食べさせないように気を付けましょう。

  • ネギ類
  • カカオ(チョコレートなど)
  • ぶどう/レーズン
  • アボカド
  • キシリトール
  • アルコール

ネギ類(たまねぎ・ネギ・にら・にんにく)

誰でも知っているぐらい有名なものです。

生、加熱問わず絶対に食べさせてはいけないものです。

中毒症状としては、呼吸困難・嘔吐・下痢・尿の変色・黄疸などが見られます。

※これらの食品は、そのままの形だけでなく調味料などの材料として使われることが多くありますので、材料を含めしっかりと確認しておくことは大切です。

カカオ(チョコレートなど)

チョコレートの中のテオブロミンという成分が原因で、嘔吐・下痢・多尿・痙攣などの中毒症状を引き起こします。
注意が必要なのは、チョコレートの種類によってカカオの含有量が異なるため、中毒に至る量も違うということです。

犬の体の大きさと、チョコレートの種類によっては死ぬ可能性もある危険なものです。

ぶどう・レーズン

急性胃腎不全を引き起こし、死ぬ可能性がある危険な果物なので少量でも絶対にあげてはいけません。
食欲低下・元気消失・下痢嘔吐・おしっこの量が減る・脱水などの症状があります。

アボカド

種を飲み込んでしまう危険性だけでなく、アボカドの中に含まれるペルジンという成分が下痢や嘔吐などの消化器系の症状を起こすことがあります。

キシリトール(ガム)

キシリトールが危険で、急激に低血糖を引き起こし、下痢嘔吐・元気消失や無気力・震えなどの症状が現れます。

特に、市販のガムを食べてしまったらキシリトールの摂取量がわからなくなるので、家に置いてある場合は誤って食べてしまわないように目につかないところに直しておきましょう。

アルコール

アルコール飲料に含まれるエタノールが危険です。

アルコール飲料だけでなく、腐敗や発酵したものもエタノールが含まれる可能性があるので危険です。
ビール1缶で呼吸困難や昏睡・発作などを起こし命を落とす可能性が高くなります。

犬が好きな食べ物ランキング

犬の好きな食べ物ランキングについて
犬も人間が食べてる物が大好き。でも食べ過ぎには注意。

犬はニオイと本能をで食べ物を選んでいますので、しっかりとした匂いのものを好む傾向があります。

犬が好きなものと注意するポイントは次の通りです。

  • 犬が好きなものランキング
  • パン類について
  • 肉類について

犬が好きなものランキング※ただし好み要素あり

  1. パン
  2. 鶏肉
  3. その他の肉
  4. お水

パン類について

犬は食パンなど、パンが大好きで飼い主が食べている所に来て催促することがあります。
与えたらよく食べるのですが、与えすぎると塩分や脂肪分が多くカロリーが高いので、肥満や高血圧の原因になるなど健康に良くないです。

肉類について

肉類は犬も大好きです。

ササミを与える多いのではないでしょうか。ドッグフードの材料としてもよく使われています。

また、最近では鹿肉を使ったドッグフードも人気になってきており、一般化してきています。

仕入れることができるのであれば、鹿肉のブロックや骨を買って与えるととても喜びます。

犬は香辛料などがNGなので、与える時は『調味料をつけずに赤身肉を焼いて』与えましょう。

犬が◯◯を食べてしまった

家庭での食事として身近なものでも犬が誤って食べてしまい、「あ!」っと思うことも意外とあります。
よくある失敗のパターンを知り、リスク回避しておきましょう。

  • 犬が揚げ物を食べてしまった
  • 野菜は大丈夫?
  • 犬が食べていい肉は?

犬が揚げ物を食べてしまった

犬に揚げ物を食べさせるのは良くないことです。
揚げ物には油が多く含まれていますので、犬にとっては油の摂取し過ぎになってしまいます。

もし、摂取が多くなってしまうと肥満になるだけでなく、胃腸炎、膵炎など消化器系疾患の原因となってしまいます。

鶏唐揚などであれば少量程度であれば様子見して異常があれば動物病院に連れていくという流れで大丈夫ですが、天ぷらなどには『食べたら即死』するぐらい危険な玉ねぎなどネギ類が入っている危険があります。

野菜は大丈夫?

野菜は、おやつやご褒美として与えることがあります。

野菜や果物は、水分量や糖質が多いものがあるので与えすぎると下痢をしたり、結石の原因になることがあります。

時々、『少量を与えるならば』の前提で次のものがオススメです。

-おすすめ野菜・果物-

  1. キャベツ
  2. トマト
  3. きゅうり
  4. バナナ
  5. りんご
  6. スイカ
  7. イモ類
  8. 無糖ヨーグルト

ポイントは、ヨーグルトは無糖にすること、野菜類は加熱したあとにしっかりと冷ますことです。

また、与え過ぎないことが大切です。

犬が食べていい肉は?

時々、ご馳走として与えることがあるものです。

部位によって栄養分が異なりますが、動物性タンパク質やビタミン類も豊富に含まれていることからおすすめの食材です。

できるだけ脂肪が少ない部位を与えるようにします。

-おすすめお肉-

  1. 牛肉
  2. 豚肉
  3. 鶏肉
  4. 羊肉

注意点として、豚の生肉には『トキソプラズマ原虫』のような寄生虫が付いている可能性があり、そのまま食べると命の危険が伴います。
※【トキソプラズマ原虫の詳細】→国立感染症研究所

香辛料や塩分は悪影響になるので調味料はつけずに、しっかりと加熱調理しておくことが必要です。

犬のご飯のおすすめ

消化は意外と体に負担をかけています。

食べた物をエネルギーに変えるためには様々な臓器の活動や血流の促進が必要になってきます。

できるだけ体や臓器に負担をかけずに効率よくエネルギーを摂取できれば、寿命も伸びていくことも考えられるぐらい重要なものです。

消化を良くしようと思うと、『消化を助ける栄養や酵素などが豊富に含まれた物を食べる』ことがベストです。

例えば、加熱前の生肉や生骨はこれらの酵素や菌類がそのまま残っているので消化し易いものです。逆にドライフードなどは一旦加熱されているのでこれらの酵素や菌類が減っています。

  • アランズナチュラルドッグフード
  • モグワンドッグフード
アランズナチュラルドッグフード
4

アランズナチュラルドッグフードは、生後7か月以降の全犬種が食べることができるドッグフードです。

イギリス産ラム肉55%使用
休止・中止いつでも可能で単発購入も可能
7ヶ月~シニアまでの全犬種対応
78.3%が消化吸収が良いと感じたとアンケート回答
定期購入は最大20%OFF!
更に、休止・再開はいつでも自由。

モグワン
4

モグワンは1日先着1,000名様まで初回半額!
7日前までの連絡で休止・解約が可能です。

試食会で97.8%が食べた食いつきの良さが魅力
初回半額!
93.3%が継続したいというアンケート結果
公式サイトでリアルタイム購入状況が見れる

犬が食べてはいけない植物

犬が食べてはいけない植物について
観葉植物にも犬が食べてしまうと危険な植物があります。

庭にある花、室内にある植物、そして散歩中に見かける野草。

種類によっては、犬が口にしたり接触することで中毒やアレルギーなどの悪影響を及ぼすことがあるのはご存知でしょうか。

  • 危険な室内植物
  • 危険な庭木植物
  • 散歩中に要注意な危険植物

危険な室内植物

  1. 観葉植物
  2. 花き植物

観葉植物は特にサトイモ科のものが中毒やアレルギー症状を起こしやすいので注意が必要です。

花き植物は、種類によって中毒症状やアレルギー症状が異なります。

自宅室内に置いている植物は見落とされがちですが、見ていない時に勝手に食べたりする可能性が無いわけではありませんので、中毒症状を起こすような植物を置くことは避けておいた方が賢明です。

危険な庭木植物

  1. イチイ
  2. キダチョウセンアサガオ
  3. ソテツ

たくさんの庭木植物を植えている方は注意が必要です。

上記3種の植物は特に、葉や種子を食べると中毒死する可能性がある危険なものですので、庭に植えている場合は対策をしておく必要があります。

散歩中に要注意な危険植物

  1. ヒガンバナ
  2. すずらん
  3. ユリ

ヒガンバナやユリは道端に咲いているので散歩のときに食べてしまわないようにしなければなりません。

下痢や嘔吐から脱水を引き起こし、ひどい場合は死んでしまうこともあります。