8月20日:サイトをリニューアルしました。

犬を飼っていると、自宅で最期を迎えることがあります。

では、犬が自宅で亡くなった場合、飼い主はどのように対処すればよいのでしょうか。

愛犬が死んだ時にすること

犬が死んだときのこと
愛犬が死んだ時、飼い主はどうすればいいのでしょうか。

愛犬が亡くなった時にすること理解が必要なことは次の通りです。

  • 安置する方法と手順
  • 清める方法と手順
  • 送り出す方法と手順
  • 葬式の準備について
  • 死後に市役所で行う手続き

安置する方法と手順

亡くなってすぐにしなければいけないことは、安置です。

ペットが亡くなったら勿論悲しいのですが、動物は遺体の傷みが早いので注意が必要です。

今まで一緒に過ごした家族なので、最期はきれいな姿で送り出してあげたいので、できるだけ早くに死後の処置してあげることがポイントになります。

安置のおおまかな手順

  1. 目や口をそっと閉じてあげる
  2. 硬直する前に、寝ている状態に手足を内側に寄せる
  3. 清拭し、毛並みを整える
  4. 保冷剤をタオルなどに包み体に当てて腐敗を抑える

以上のように、死後の処置としては硬直前に体の姿勢を整え、清潔にした状態で安置して腐敗を抑えるようにすることが必要です。

特に、梅雨時期や夏場は腐敗が進みやすくなるので、部屋の温度を下げるなどの工夫も必要かもしれません。
水分がつかないようにする必要がありますが、保冷剤やドライアイスを使うと安置できる期間が伸びます。

安置の注意点

犬の死後硬直はわたし達が思っているよりも早く進んでしまいます。

犬の体の大きさにもよりますが、おおむね2時間程度で硬直状態になりますので、自宅で看取ることができたのであれば早急に対応を始めることをおすすめします。

死んでしまったら手足の方から、腹部、頭部へと硬直が進んでいきます。

特に、手足が伸びた状態で死後硬直が進んでしまうと、棺などに入らなくなってしまう可能性がありますので、看取ってすぐに寝ている姿のように手足や頭部を、優しく体の内側に寄せてあげましょう。

そのときに、吸水性のあるシートなどを遺体の下に敷いておくと、体液などが出てきた時に処理しやすくなります。

もし、硬直が進んでしまい、四肢が伸び切ってしまっている場合は無理をせずに、そのままの状態で安置しましょう。

清める

送り出す準備をする前に、毛並みを整えて皮膚の清拭などを行います。

タオルやガーゼなどで優しく拭いてあげましょう。

腐敗を抑えるためには、なるべく水分を含まない状態で清拭すると良いです。

その際に、口や肛門などから体液が出てくることがありますが、様子を見て拭き取ってあげてください。

ペットを送り出す方法について

ペットが死んだ時の処理方法は次のうちどれかになります。

ペットが死んだ時の選択肢-

  1. ペット葬儀をする
  2. 一般廃棄物として処分する
  3. 埋める

2の一般廃棄物としての処分は、ペットの遺体は法律上、一般廃棄物として扱われるため、自治体によって回収され一般ごみとしてゴミ処理場で燃やされます。

大切なペットの最期を一般のゴミと一緒に燃やしてしまうのは避けたいですよね。

3の埋める方法については、幾つか注意点があります。

葬式の準備について

ペットの安置が終わると、葬儀の手続きをしましょう。
遺体を安置できる時間は、保冷剤を使ったとしても2日程度で、それ以上になると腐敗が進む可能性が高くなります。

ペットの葬儀には幾つかの種類があり、例えば、【ペット葬儀110番】ペット葬儀110番では、自宅に引き取りにきたあと、合同火葬にするプランと個別火葬のプランに分かれています。

火葬に立会い、お骨上げ、返骨までできるプランもありますので、最期をしっかりと送り出したい方にはちょうど良いかもしれません。

死後に市役所で行う手続き

犬は、狂犬病管理により、市区町村に登録する必要があります。
登録されていると、狂犬病予防の案内などが送られてくるようになり、犬が亡くなったあとには市役所等へ死亡の届出をする必要があります。

死亡の届出は、逝去の日から30日以内に、登録した市役所または区役所などに提出します。

届出をせずに放置した場合、狂犬病予防をしなかったとして、狂犬病予防法に基づき、最大20万円以下の罰金に処されることがあるので注意が必要です。

遺体を埋める場合のポイント

死んでしまった犬を埋める時に考えるポイントは次の通りです。

  • 法律による注意点
  • 自宅の敷地に埋める方法
  • 埋める時の注意点

法律による注意点

まず重要なのは、ペットの遺体を他人の敷地や公共の敷地に埋めてしまうことは法律で禁止されています。

ペットの遺体を無断で他人や公共の敷地に埋めた場合は、『廃棄物の処理及び清掃に関する法律-第5条』に基づき軽犯罪法違反で処罰されます。また、海や川、林に棄てた場合は、不法投棄となり、廃棄物処理法により処罰されます。

そうなると、埋めることができるのは自宅の敷地ということになります。

自宅の敷地に埋める方法

犬を埋葬する時の注意
自宅の敷地に犬の遺体を埋葬する時の注意点についてです。

自宅の敷地に埋める方法は次の通りです。

埋葬方法

  1. 深く穴を掘る
  2. 腐食しやすいタオル等で包む
  3. 多めに土を盛って埋める
  4. 大きな石などを置く

埋める時の注意点

埋葬する時には次のような注意点があります。

遺体を埋葬する時は、他の動物が掘り返してしまったり臭いが発生する可能性があるので穴を深く掘る必要があります。

目安としては1〜2m程度です。

また、遺体はなかなか土に還りませんので、腐食しやすくするためにタオル等で包み、腐敗を促す必要があります。

土に還らなければ、何年も経ったあとに何らかの事情で土を掘ったときにまだ残っているといったことが起こってしまいます。
そうなると、引っ越しなどの機会に、掘り起こされてしまうかもしれません。

土を埋め戻すときには、雨による侵食を防ぐためにも多めに土を盛るようにして、大きな石を置いて目印としてだけでなく、動物被害などを防ぐようにしましょう。

一緒に過ごした時間を振り返る方法

TOLOT 卓上カレンダーについて
TOLOT卓上カレンダーでオリジナルの思い出アルバムが作れます。

いままで一緒に過ごした時間を愛犬の最期に立ち会えなかった遠方に住む家族などにも共有できると素晴らしいと思います。
思い出を共有する方法は次の通りです。

  • おすすめの思い出共有方法
  • TOLOT 卓上カレンダー
  • オリジナルカレンダーの作り方

おすすめの思い出共有方法

大切な思い出を残しておきたい時、誰かと共有したい時におすすめしたいのが、TOLOT 卓上カレンダーです。

TOLOT 卓上カレンダーは、アプリ等は不要でWEBからカードのデザインと使いたい写真、宛先などを登録するだけでポストカードや、卓上カレンダーにして自宅などの配送先に送ってくれるサービスです。

TOLOT卓上カレンダー

販売会社:株式会社TOLOT
商品名:TOLOT 卓上カレンダー

TOLOT 卓上カレンダー
TOLOT 卓上カレンダー

TOLOT 卓上カレンダーについて

スマホ、パソコンで1年分12枚の写真を送るだけで、オリジナル卓上カレンダーが作れます。

送料無料で税込み500円でクオリティの高い卓上カレンダーが届くので、自分使いだけでなくプレゼントにも最適。

デザインも複数のパターンの中から選ぶことができるので魅力的です。

TOLOT 卓上カレンダーのポイント

  1. WEBで全部完了
  2. 写真を登録するだけの手軽さが魅力
  3. 送料、税込みで500円と低価格
  4. 好きな写真を12枚選ぶだけ

オリジナルカレンダーの作り方

愛犬が亡くなった時の会いたい気持ちを皆で共有するために、撮りためた思い出の写真12枚を選び、毎月のカレンダーにすると、思い入れ深い卓上カレンダーが出来上がるのでおすすめです。