犬の医療費について

犬の医療にかかる費用は、医療制度が整った人間とは異なる部分が多々あります。
犬を飼うために、動物病院のことや、動物医療の制度に関して少しは知っておくことが必要です。

犬の医療費を理解するポイント

犬の医療費についての理解のポイントは次の通りです。
これらを全く知らなければ、思いがけない出費となり、とても困ることになる可能性がありますので注意が必要です。

  • 健康保険制度有無の違い
  • ペットの医療制度
  • 犬の医療は病院次第

健康保険制度有無の違い

動物病院の医療制度には、人間のような健康保険制度がありません。

転職などの事情で、たまたま健康保険が使えない時に病院に行った時に診察料を見て驚いた経験はありませんか?

わたし達の場合は、健康保険に加入していれば病院で診療を受けると3割負担や1割負担といったように支払う金額は一部負担となっています。
診察はそれぞれに点数が決められているため、どこの病院に行っても同じ診察をすれば料金は同じですが、どの病院でも受診しやすい環境が整えられています。

ペットの医療制度

ペットには健康保険がありません。

医療費は全額自己負担となります。
また、動物病院は自由診療なので、診察にかかる料金は病院によって違います。

これは、動物病院が独占禁止法で、獣医師団体や獣医同士の協定に縛られることが無いように規定されているためで、この中に診察料金も含まれています。

動物病院どうしで競争ができる体制であることが求められていて、料金も競争の対象となっています。

犬の医療は病院次第

自由診療であるということは、病院によって料金が異なるということです。
ある程度の相場は存在しますが、動物病院が多くある地域と、ほとんど無い地域では料金の差は大きくなると考えられます。

特殊なペットを飼う場合は、近くに動物病院が複数あり、色んな症状に対応できるかどうか事前に調べておくことをお勧めします。

動物病院の選び方

病院が変わるだけで医療費が変わるだけでなく、動物病院の選び方を間違えると、単純に粗悪サービスを受ける結果になってしまう危険性が高まります。
もちろん、粗悪なサービスは大切なペットの命を短くしてしまう可能性を高めます。
病院選びを間違えてしまうと、急な対応が必要なときに、専門的な治療を受けることが出来ないのに料金だけ高くついたという最悪の事態になってしまうこともあるので、それだけは避けたいですよね。

動物病院を選ぶためにチェックしておきたい項目は次の通りです。

  • 動物病院ホームページ
  • 設備
  • 診察料金
  • 獣医師
  • 口コミ・評判

動物病院ホームページ

最近は、主な情報収集手段はインターネット検索です。
病院のホームページや、たくさんの病院をまとめた比較サイトがあります。

ただし、ホームページはWEBデザイン会社が作成することがほとんどなので、見た目はとても綺麗なので見た目だけでの判断は間違いのもとです。
必要な情報が掲載されていることが最も大切です。

設備

人間の病院と違い、高度な専門病院というものがほとんど無いのが動物病院の現状です。
ですが最近は、高機能なCTやMRIなど、最新の医療機器を導入している病院も増えつつあります。
設備を確認するには、病院のホームページなどを確認するのが一番良いでしょう。

診察料金

動物病院の料金は病院によって違うことが多いので事前にチェックしておくことが大切です。
高性能な最新医療機器を導入したり、立地が良い、人気がある病院などは料金が高く設定されていることもあります。

病院に問い合わせるか、ホームページなどで調べておくことをお勧めします。

獣医師

動物病院は、料金だけでなく獣医の知識や技術も見ておく必要があります。
例えば、人間が虫歯になれば歯科医院に行き、骨折すれば整形外科などに行きますが、犬は虫歯でも骨折でも動物病院に行くことになります。
獣医にも専門があるので、状態により担当が変わることはあるものの、人間のように特定の診療科目を専門とした動物病院はほとんどありません。

ですので、自宅の近くにある動物病院が何を得意としている病院なのかを事前に調べておく必要があります。
病院の看板やホームページを見るか、連絡して聞いてみるのが良いでしょう。

口コミ・評判

近所で犬を飼っている人に評判を聞いてみたり、インターネット等で口コミサイトを調べたりしておくことも必要かもしれません。
また、予防接種や定期検診などの機会を使って複数の動物病院を見ておくのも一つの手段として有効です。

病院が綺麗で、ホームページも綺麗で獣医さんの写真も良い人そうなのに人気がない病院は、もしかしたら口コミや評判が悪い可能性もあります。

口コミや評判は、『嘘』も多いので、全てを信用せずに、自分が納得できる有力な情報を得られるようにしておきましょう。

ペット保険

動物病院は診察料金が全額自己負担のため、何もしていなければどうしても高額になってしまいます。
ちょっとした病気でも、数日間の入院で手術をすればすぐに数十万円かかってしまいます。

この高額な医療負担を予防できるのがペット保険です。

  • ペット保険のメリット
  • ペット保険一括資料請求
  • 保険の窓口 インズウェブ

ペット保険のメリット

ペット保険は、プランに基づいて毎月の保険料を支払います。
保険加入者は、同じくペット保険に加盟している動物病院で受診することによって、人間と同じように病院で保険証を提示すると飼い主は一部負担で済むようになり、残額は保険会社から病院に支払われます。

条件として、保険を適用するために必要な診察料金の最低金額が設定されている場合があります。
保険適用の条件が保険会社及びプランによって大きく違うことがあるということに注意しておく必要があります。

人間の保険のようにアドバイザーが営業に来るというようなものではありませんので、インターネットで調べるか、動物病院で資料を確認してみましょう。

ペット保険一括資料請求

ペット保険 資料請求

保険の窓口インズウェブ

-保険の窓口 インズウェブのポイント-

  1. 最短2分で最大5社のペット保険を一括で資料請求ができる。
  2. 保険に加入していれば高額な医療費も怖くない。
  3. 一括資料請求はスグに必要な保険を選べる。

【詳細を公式HPで見る】→保険の窓口 インズウェブ

 

 

>自宅でできる犬のしつけ教材

自宅でできる犬のしつけ教材

犬のしつけは子犬の頃からコツコツやることが大切ですが、どうやったらいいかわからないし近所にしつけ教室もないこともありますよね!

そんな飼い主さんに朗報!

子犬、成犬OK!しつけ教室に行けない悩みを解決できる!犬のしつけ教材決定版Inuversity(イヌバーシティ)

CTR IMG