離婚 財産分与について

離婚の財産分与でペットはどうなる?

離婚したら飼っている犬はどのように扱われるかご存知ですか?

離婚する夫婦が増えるとともに、愛犬の引き取りについても争いになることが増えています。

離婚のペット引き取り問題を理解するポイント

離婚の時に円満に交渉できるのであれば問題無いかもしれません。

ですが、全てが円満に解決できる離婚なんて存在するでしょうか。

大切にしているものほど人に譲りたくないのが人間の心理。

離婚時のペット引き取り問題のポイントを抑えておきましょう。

財産分与の対象

ペットの引き取りについて争われる場合、財産分与で争われることになります。

ペットは法律上の扱いが『物』となっていることがポイントです。

結婚前から既に飼っていたら個人の物として、財産分与の対象にはなりませんが、結婚後にできた財産は財産分与の対象となるので、婚姻期間中に飼いだしたペットは財産分与の対象となってしまいます。

財産分与の問題を予防する

離婚でもめると子供の親権や財産分与の争いでかなりの労力が必要になります。

更に、裁判や調停で疲れたところにペットの引き取り問題で争いに負けるとなると離婚よりも精神的にダメージとなる可能性があります。

特に、犬は愛情深い動物なので、夫婦お互いが大切にしていて手放すことを拒みます。

更に、子供が居ると、子供と一緒にに連れていきたいと願う人も多いはずです。

離婚になったとしても、大切な家族である犬を自分が連れて行くために必要なのは条件交渉です。

離婚の可能性がある場合は、飼育の証明、飼育環境、家族構成などで相手に負けない主張をまとめるだけでなく、自分が不利にならないように準備したうえで、他の要素を含めて交渉できるようにしておきましょう。

子供の親権との違い

離婚で子供の親権を争うときは、育児には母親が必要という一般認識から、母親が親権を持つことが多くなっています。

ペットの場合、子供の親権と違って『どれだけ世話をしたか』『どれだけ必要か』などで争われることはありません。

争点のポイント

離婚を裁判で争う場合、お互いにあら捜しになる可能性が考えられます。

相手の不利益になることを材料として持ち出すだけでなく、自分自身もマイナス要素を突かれないように準備しておくことが大切です。

大切な犬を自分が引き取りたい場合には次のようなことが大切です。

犬を引き取るためのポイント

  1. 犬を引き取るにふさわしいことを証明する
  2. 飼育できる環境を揃える
  3. 交渉の引き換え条件で考慮できるものを用意する

例えば、犬の飼育に伴う予防接種や、ペット保険、動物病院受診の領収書の宛名を自分にしておく等が有効です。

離婚でペットについて争う確率

離婚について
離婚は自分に関係ないと思っていませんか?

厚労省が実施する人口動態統計と、ペットフード協会が実施している全国犬猫飼育実態調査の結果を併せて見ることで意外と身近なトラブルだということがわかります。

ポイントは次の通りです。

日本の離婚率について

平成30年の厚労省人口動態統計の結果から算出される日本の離婚率は35%もあります。

今の日本は、婚姻数59万件に対し、離婚が20万7千件もあります。※参考:平成30年(2018)人口動態統計の年間推計-結果概要

では、その中で犬を飼っている人はどれぐらいいるのでしょうか。

犬の飼育率について

日本ペットフード協会が出した犬の飼育世帯率は12.6%です。※参考:平成30年全国犬猫飼育実態調査 結果(一般社団法人ペットフード協会)

そうすると、20万7千件の離婚のうち、2万6千件ほどが犬を飼っていると考えることができます。

実は、犬の引き取り問題は、意外と身近にある問題といえます。

離婚弁護士に相談でトラブル回避

離婚問題は、様々なトラブルの要因となるのでとても疲弊してしまいます。

夫婦間の交渉がスムーズにまとまれば良いですが、親権や財産分与の問題があれば思うように進展しません。

その結果、大切なものまで相手に持っていかれてしまう可能性も高くなってしまいます。

そうなる前に、交渉の準備はしておくことをお勧めします。

必要な準備には次のようなことがあります。

離婚と財産分与に強い弁護士を探す

弁護士にも得意とする分野があるので、離婚に関する問題を依頼する場合は離婚問題を得意とする弁護士に依頼する必要があります。

専門でない弁護士を担当にしてしまうと勝ち取れるものも勝ち取れなくなってしまいます。

また、離婚問題は特にプライベートな問題ですので、離婚原因や善悪を問わず、味方となって親身に動いてくれる弁護士を探さなければなりません。

そういった意味でも弁護士選びはとても重要です。

離婚問題での弁護士選びで大切なポイントは次の通りです。

  1. 味方になってくれる人であること
  2. 相談できる距離に居ること
  3. 離婚原因を問わず親身に対応してくれること
  4. 連絡が取りやすいこと
  5. 対応が早いこと
  6. 料金が明確であること

離婚問題の交渉は、時間がかかることが多いので、こちらの想いを汲んで動いてくれること必要なときにすぐに話ができること、対応が早いことが特に大切です。

運営会社:日本法規情報株式会社
サービス名:離婚サポート
日本法規情報離婚サポート

日本法規情報離婚サポートのメリット

離婚サポートを利用するメリットは次の通りです。

  • 1,000事務所、3,000人以上の登録専門家が対応
  • 女性の専門家、ベテランの専門家などに多数在籍
  • 土日や夜19時以降の相談もできる
  • 相談のみもOK

数人の専門家に相談してみると、できる対応方法がそれぞれ違うことがわかると思います。

負担になることも考えられますが、複数の弁護士に相談した方が自分が納得できる弁護士にめぐりあうことができる可能性が高くなります。

離婚サポート実施の流れ

専門家に相談するときに離婚サポートを利用すると次のような流れになります。

  1. 離婚サポート相談窓口から問い合わせ
  2. 担当者からの連絡を待つ
  3. 担当者に相談内容のヒアリングを受ける
  4. 専門家相談窓口の紹介を受ける
  5. 日程調整し、専門家に相談を実施する

弁護士選びは、離婚の財産分与などの条件交渉においてとても重要なので是非試してみることをお勧めします。