犬の病気のこと

犬の病気は人間と同じようなものが多いですが、体調管理が飼い主次第であるということや、自覚症状を訴えることができないことが原因で発見遅れがちです。
その結果、人間では簡単に治る病気でも、犬の場合は治せないことも多々あります。

犬の病気を理解するポイント

わたし達も高齢になるにつれ病気になる可能性は高くなりますが、犬の場合は人間と違って病気の専門病院がほとんどありませんので、治らないまま亡くなっていくことが多いようです。
犬の病気について理解するポイントは次の通りです。

  • 犬の平均寿命
  • 人間の病気との違い
  • 犬の傷病について

犬の平均寿命

犬の平均寿命は10〜12年程度と言われています。
中には長寿ペットも居ることから、『ペット20年』などとも言われたりしています。

今は専門的な高度治療ができないため、命に関わりやすい内臓疾患系の病気になってしまうと亡くなる可能性が高くなってしまいます。
将来的に、専門的に病気の治療ができる病院が増えていけば、もう少し寿命も伸びるかもしれません。

人間の病気との違い

犬も人も病気はほとんど同じです。ただし、人間のように細かい健康診断を受けることが少ないので、病気と認識されていないだけのことも多いでしょう。

実は、犬も人間同様に生活習慣病があり、日常の生活が健康状態に直結しています。
肥満、高脂血症、大腸がん、高血圧、歯周病などなど。人間に多いこれらの疾患も元はと言えば食習慣や運動習慣に関わるものですので、当然、犬にも影響があると考えられます。

最近はペットも食の多様化が進んだり、高齢な飼い主とともに暮らすことが増えてきた影響で、肥満になる犬も増えてきました。

その結果、高血圧や糖尿病といったものが引き起こされています。また、高齢な飼い主の愛犬が病気になったとしても、飼い主の体の状態によっては病院に行けないということもありますので悪化が早まるという悪循環に陥りやすくなります。

犬の傷病について

アニコム損害保険会社が2016年5月に発表した犬種別の平均寿命調査によれば、犬の死亡原因は13.4%で『腫瘍』が最多でした。


引用:アニコム損害保険株式会社2016年5月犬種別の平均寿命を調査

1位の腫瘍は要するにガンです。
続いて、2位に循環器系の疾患、3位に泌尿器系、4位消化器系と続いていきます。

これを見ると、人間の死亡原因と類似していることがわかります。

また、犬の病気やケガは、犬種によっても違いがあり、特定の疾患になり易い犬種があります。

犬がなりやすい疾患

アクサダイレクトの調査によると、犬が犬種・年齢問わずかかりやすい病気は次の通りです。

  • 外耳炎
  • 皮膚炎
  • 嘔吐
  • 下痢

外耳炎

外耳炎
外耳炎は、耳が垂れている犬種や、皮膚が弱い犬種がなりやすい病気です。
ほとんどの犬がそれらに該当するので、全体的にかかりやすい病気と言えます。異物混入も原因になることもあるので、ケアの方法なども気を付ける必要があります。
軽度の場合は点耳薬等ですぐに治療できます。

皮膚炎

皮膚炎
犬の皮膚炎は、寄生虫や細菌によるものだけでなく、毛玉の絡みやストレスも影響します。
また、キレイにしようと過剰にシャンプーをすることも逆効果で、皮膚炎に繋がってしまうことがあります。
清潔にしつつも適度な頻度でシャンプーを心掛けることが必要です。

嘔吐

『嘔吐』は、胃や腸に何らかの異常があり、胃、腸内にあったものが吐き出されます。
胃や腸の中にあったものなので、消化されているものが吐き出されることが多くなります。

間違えられやすい症状として、『吐き出し』があります。
吐き出しは、食道を通るときに吐き出されるのでまだ消化されていません。
ですので、食べ物が消化されない(噛み砕いた)状態で吐き出されます。

このように、嘔吐と吐き出しでは吐物の状態に違いがあるので、見た目である程度判断できます。

下痢

下痢の原因は、主に大腸もしくは小腸にあります。
便の状態、体重の減少、食べ過ぎやストレスの有無を確認することである程度の症状を判断することができます。

その他にも、口臭や血液などの有無でも大腸と小腸どちらに原因があるのかを判断することができます。

犬の食事療法

犬の健康管理は飼い主の役割です。
健康管理の大部分は食事に依存するため、年齢や病気に応じた食事にすることが大切な愛犬を守る手段となります。

  • 異変の早期発見と食事
  • 疾患に応じたドッグフード

異変の早期発見と食事

犬の場合、言葉を話すことが出来ないので、症状を直接聞くことができません。
普段の様子から違和感を見つけ、隠れた疾患を予想して病院に早く連れて行く必要があります。

また、犬を飼い始める前に、かかりやすい病気などの知識を少しでも持っておく必要があります。
犬種に応じた飼い方をすることで、犬も健康で長生きできる可能性が高くなります。

日常的に食べるドッグフードの選び方だけでも、犬の健康状態に大きく影響してきます。

疾患に応じたドッグフード

販売会社:自然の森製薬株式会社
商品名:みらいのドッグフード


みらいのドッグフード
みらいのドッグフード

病気にあった食事を提供

【最後まで諦めない~犬の食事療法【療法食】
希望を繋ぐ最新臨床栄養学の基づく『食事療法』
完全無添加、無料お試し&返金保証あり!

-みらいのドッグフードのポイント-

  1. 癌や腫瘍になった犬用の食事
  2. 使用肉のメインは国産鹿肉
  3. 無料サンプルがあり、お試しOK
  4. 楽天2億点以上の中から10ジャンルで1位獲得